交通事故での慰謝料の悩み相談

交通事故に詳しい弁護士があなたのサポートをしてくれます。慰謝料や示談金の交渉などについても相談してみましょう。

TOP > 交通事故慰謝料 > 交通事故慰謝料を決定するための3つの基準について

交通事故慰謝料を決定するための3つの基準について

交通事故の慰謝料には3つの基準があります。自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準です。

1つ目の自賠責基準は、被害者に対し法令で決まっている最低限の補償をすることを目的としている基準です。

2つ目の任意保険基準は、自動車保険会社が設けている基準です。任意保険基準は自賠責基準よりも多くの補償を受けられます。3つ目の弁護士基準は、裁判所における過去の判例を参考にしている基準です。弁護士を通して保険会社へ交渉をして交通事故慰謝料を増額できる可能性があり、自賠責基準や任意保険基準より多額の補償を受けられることが特徴です。

交通事故慰謝料は悩まず専門家に依頼しましょう

交通事故に遭遇して、怪我をして治療をした後に相手方保険会社から慰謝料の提示を受けます。後遺障害が残るような交通事故慰謝料については、自分で単独交渉は避けましょう。保険会社の提示する慰謝料は裁判を起こした時などの慰謝料に比べ低いです。

後遺障害が残った場合の生活の不安などを考えたら賢明ではありません。ならば、どう進めればいいのかと言うと、交通事故対応に詳しい弁護士に依頼するのが一番です。彼らには弁護士基準というものがあります。過去の基準を元にした裁判基準の慰謝料が作られています。これに準じて交渉してもらえるのでスムーズな交渉が期待できます。一人で抱え込み悩む前に、専門弁護士に相談しましょう。

交通事故の慰謝料関連

交通事故慰謝料の種類と相場

交通事故慰謝料には、後遺障害慰謝料、入通院慰謝料、死亡慰謝料の3種類があります。後遺障害慰謝料は、後遺障害等級が認定されたものに対して支払われるので、等級によって慰謝料相場が定められています。

また、慰謝料に関する基準も弁護士基準、自賠責基準、任意保険基準の3種類です。事例によって異なりますが、まずは弁護士に依頼をすることで、より高額な慰謝料を請求することができるようです。最近では、電話による無料相談を行っている法律事務所などが増えているので、交通事故慰謝料のことも含めて弁護士に相談するのが良いでしょう。

交通事故慰謝料の中でも注意が必要な後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料は、交通事故が原因の怪我の症状が後遺障害等級に認定された場合に支払われる交通事故慰謝料です。等級には1級から14級が存在し、自賠責基準と弁護士基準では相場が違います。

自賠責基準ですと32万円から1100万円、弁護士基準だと110万円から2800万円と、大きく違いが出るので注意が必要です。等級に関しては慰謝料に大きく影響する事例が多いため、後遺症についての診断書を作成する場合には、正確な内容を医師に伝え、妥当な等級を判断してもらいましょう。後遺症が残るような事故は手続きが長期化する場合がありますので、アドバイスも含めて専門の弁護士に相談することをおすすめします。

交通事故慰謝料を多くもらうには

交通事故慰謝料と一言でいっても、請求する理由で相場も変わります。怪我などの治療費として請求する入通院慰謝料、交通事故が由来で後遺障害が残ってしまった場合に受け取れる後遺障害慰謝料、遺族が請求することが出来る死亡慰謝料があります。

心身ともに受けた傷を癒すためにも、出来るだけ多くの慰謝料をもらいたいと考えるのは自然なことでしょう。そのためには、解決事例が多数ある交通事故弁護士に依頼して、弁護士基準の慰謝料をもらうことをおすすめします。初回無料相談を行っているところも多いので、複数の事務所で話を聞いて信頼できる弁護士に依頼しましょう。

メニュー

TOP 交通事故慰謝料 交通事故慰謝料を決定するための3つの基準 交通事故相談 解決事例を見て交通事故相談 交通事故弁護士 交通事故弁護士利用のために弁護士特約付きの保険 弁護士、法律事務所 弁護士に気軽にコンタクトが取れるメール相談

ページトップへ戻る