交通事故での慰謝料の悩み相談

交通事故に詳しい弁護士があなたのサポートをしてくれます。慰謝料や示談金の交渉などについても相談してみましょう。

交通事故の相談料

法律家に何とかしてほしい事があったとしても、交通事故の相談料が気になってしまい実行できないでいる人もいるかと思います。交通事故の相談料は利用する人によって負担にならない様に考えられている事もあります。

たとえば、交通事故の相談料は完全後払いとしていたり、着手金や相談料などは必要なく交通事故の成功報酬のみを支払うというシンプルな支払いシステムになっている事もあります。

交通事故の相談料が一体いくらかかるのかという事を計算してみるといいかもしれませんね。そうすると、次にどうするかという事を考えやすくなると思います。無理なく、報酬の支払いを行う事ができるのは助かりますね。

交通事故発生時の交通事故相談窓口

日頃から出かけるときに車やバイクを運転するかしないかに関わらず交通事故に遭って、交通事故の被害者や加害者になってしまう可能性を往々にして秘めています。直面した時に警察への通報や救急車の要請など最低限の人命救助をなんとか済ませられたとして、事後処理をどうせればいいのか戸惑う方は多いことでしょう。

相手側とのやりとりで、「示談でもいいよ」と打診されることもあるかもしれませんが、示談にしてしまうと保険金が降りないなど不利益を被る危険もあります。交通事故後は、まず市町村の交通事故相談窓口や、交通事故相談を専門とした弁護士事務所に相談することをおすすめします。

交通事故相談は保険会社とよく相談しよう

交通事故相談については、保険会社とよく話し合いをしてアドバイスを受けると良いでしょう。相手に怪我やむち打ちがある時には、保険会社と話すことで相手の人身事故扱いにするか、物損事故扱いになるかは大きく変わってきます。

軽い事故であってもむち打ちの症状は数日後に現れることもありますので、すぐに判断を下すのではなく、病院の診断結果をしっかり止まってから保険会社と相談するようにしましょう。保険会社以外にも、市役所などが受け付けている無料相談窓口などもあるので、弁護士に話を聞いてもらうことも大切になってきます。

素人の交通事故相談について

保険に加入しているのであれば、チェックしておきたいのが弁護士特約についてです。加入者やその家族が事故に遭った際に、弁護士への依頼料を負担してもらえる制度です。トラブルが起きた際の頼れる存在ですが、費用面が不安で相談するのを躊躇ってしまうという人も少なくないのではないでしょうか。

そんなときにこの制度を利用すれば、安心して交通事故相談をすることができるのです。また、過失度合いや怪我の症状に応じて慰謝料を請求することができますが、弁護士基準での計算は、自賠責保険や任意保険よりも高くなるケースが多いです。加入している保険を見直してみてはいかがでしょうか。

大阪高等裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka-h/

〒530-8521
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

交通事故の相談関連

メニュー

交通事故慰謝料 交通事故相談 交通事故弁護士 弁護士、法律事務所

ページトップへ戻る