交通事故での慰謝料の悩み相談

交通事故に詳しい弁護士があなたのサポートをしてくれます。慰謝料や示談金の交渉などについても相談してみましょう。

TOP > 交通事故慰謝料 > 保険会社を相手に交通事故慰謝料または損害賠償

保険会社を相手に交通事故慰謝料または損害賠償

保険会社を相手に交通事故慰謝料または損害賠償の事で、きちんと交渉したいという時には、法的知識が必要になる事もあるかもしれません。法律家以外の人が交通事故慰謝料または損害賠償の事で交渉するのは大変な事だと思われます。

ですので、交通事故慰謝料または損害賠償は、できるだけ弁護士などに頼んで交渉を行ってもらった方が、いい結果になりやすいという事も考えられます。交通事故慰謝料または損害賠償の話合いがすぐに必要になり、勉強している余裕などもなく、専門的な内容の会話となる可能性もあります。

交通事故慰謝料または損害賠償については、悩むのではなくぜひ法律相談の利用を積極的に検討したいですね。

弁護士を利用することで交通事故慰謝料を引き上げられます

交通事故に遭ってしまった場合、衝撃の強さでむちうち症状が出てしまい、困っている方は多いです。この症状は、首が大きく曲がってしまうことで、神経などを圧迫し、背中などにしびれなどが出る症状です。

ひどい痛みの場合には、私生活に影響を及ぼすこともあり、入院をしないといけないケースもあります。交通事故慰謝料の金額はむちうちの症状で変わってきますが、ほとんどの方が適正な慰謝料をもらえていません。

それは口ではなかなか説明できない症状だからです。交通事故慰謝料の金額に納得できない場合には、弁護士を利用し金額を引き上げてもらうようにしてください。一般的には弁護士基準と言われる基準にまで交通事故慰謝料が引き上げられることがあります。

交通事故の慰謝料関連

交通事故慰謝料が途中で打ち切られたら?

むちうちの場合、見た目には治ったことがわからないということと、治療が長引いてしまうことから交通事故慰謝料の中から治療費用を支払っていても途中でそれが打ち切られてしまうことがあります。そういった場合にはどのように対処すればいいのでしょうか?

この時に保険会社の言うことに従ってそのまま治療をやめてしまうと万が一後遺症が残った場合にも後遺障害として民定されなくなってしまい化膿性が高いです。このようなことを支持された場合には全て自分で対処するのではなく弁護士の先生や、医師によく相談しましょう。やり取りが面倒だからといって適当に流してはいけません。

交通事故慰謝料はむち打ち認定で変わります

交通事故に遭った場合に、むちうち症状で苦しんでいる方は多いと思います。この症状は衝撃が与えられたことによって、首が大きく曲がってしまい、首や背中などにしびれを感じ生活に支障をきたす症状です。

入院場合もありますが、ほとんどの方が適正な診断を受けられていません。それは、言葉で説明するのが難しい症状だからです。適正な診断を受けることが出来ていない為、交通事故慰謝料が低く計算されている方も多いです。そのような方は、弁護士に交通事故相談を行うことで、交通事故慰謝料(弁護士基準)を引き上げる事が出来るので速やかに弁護士に相談をしてください。

交通事故慰謝料の重要性

交通事故は、日々どこかで起きています。車同士の追突や人や物に当たってしまったりと、被害状況も様々です。強制保険となる自賠責保険のほか、任意の自動車保険に加入している人も多いでしょう。被害を与えてしまった方には、損害賠償という形で任意基準や弁護士基準などで算出された交通事故慰謝料を支払うことになります。

一般的に慰謝料は、実際の被害額や治療費なども含めたものをいいますが、保険に入っていない場合や保険を使わず支払うために裁判などが起きる場合もあります。元通りには戻せなくても、誠意を尽くして互いに前向きな日常を過ごすために、交通事故慰謝料が必要となるのです。

交通事故慰謝料で損をしないための弁護士基準

もし交通事故に遭ってしまい、交通事故慰謝料が発生する時は、その金額にご注意下さい。自賠責保険や任意保険で提示される交通事故慰謝料は、実は相場よりも金額が低いケースが多く、それを鵜呑みに示談すると損をすることがあります。

同等の交通事故における裁判の判例を元にした相場は弁護士基準と言い、これによって算出される慰謝料は、その他の基準と比べて高額となる傾向にあります。自賠責保険と比較して、時には3倍以上の金額になるケースもありますので、万一事故にあった場合には弁護士基準で算出してみてから示談をするかどうかを判断してもいいかもしれません。

交通事故慰謝料の相場はどれくらいなのか

交通事故に遭った時、慰謝料がいくらもらえるのか気になるところです。交通事故慰謝料の相場には『自賠責基準』『任意保険基準』『弁護士基準』の3つの基準があります。弁護士基準の慰謝料は、自賠責基準よりも2倍近い金額になっています。

保険会社が提示してきた慰謝料に納得がいかない方は、弁護士に依頼を出すことで一番高い基準で慰謝料を請求してもらえます。ただ、弁護士に依頼するには高額の依頼料がかかるのではないかと不安があります。最近は交通事故に関して電話による無料相談を行っている法律事務所も増えており、アプリなどでも無料相談を行っている法律事務所があります。まずは、弁護士に無料相談することをお薦めします。

大阪高等裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka-h/

〒530-8521
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

メニュー

TOP 交通事故慰謝料 交通事故慰謝料を決定するための3つの基準 交通事故相談 解決事例を見て交通事故相談 交通事故弁護士 交通事故弁護士利用のために弁護士特約付きの保険 弁護士、法律事務所 弁護士に気軽にコンタクトが取れるメール相談

ページトップへ戻る