交通事故での慰謝料の悩み相談

交通事故に詳しい弁護士があなたのサポートをしてくれます。慰謝料や示談金の交渉などについても相談してみましょう。

TOP > 交通事故慰謝料 > 交通事故における精神障害と慰謝料

交通事故における精神障害と慰謝料

身体に怪我をしているわけではなくても、交通事故に遭うと精神的なショックからうつ病になったり、PTSDになったりする人もいる様です。

仕事や日常生活に支障が出てくるという事も考えられます。

交通事故における精神障害についても後遺症として認定してもらう事ができ、慰謝料を請求する事もできるみたいですね。慰謝料に反映してもらうためには、病院に行って医師に正確に診断をしてもらう必要があります。

また、事故が発生した直後ではなくて、少ししてから気が付く事もあるかと思いますが、医者に診察してもらうのはできるだけ早い方がいいでしょう。症状に気が付いているのに放置するという事はない様にしたいですね。

慰謝料について保険会社と交渉が必要な場合は、弁護士に相談して代わりに交渉をお願いすることもできます。後遺障害認定が受けられなくても後悔しないよう努力はしておきたいですね。

交通事故慰謝料の請求で弁護士に依頼するべき事態

むちうちなどで交通事故慰謝料を保険会社であったり、加害者に請求をかける際に自分で全ての交渉をすることも勿論可能です。では弁護士に依頼した方がいい場合というのはどういった時なのでしょうか?

まずあまりに自分の体調が悪い場合です。入院が必要な怪我であったり、しばらく動けないような怪我をしてしまった時には頼んでしまいましょう。また加害者に請求をかける場合ですが、相手が弁護士を雇った場合にはこちらも雇った方がいいです。弁護士さんが話し合いに出てくるというだけでも少し緊張してしまいませんか?そうした交渉を全て代理で任せることができます。

交通事故の慰謝料関連

交通事故慰謝料の相場は?

むちうちなどの交通事故慰謝料の相場は誰でも気になりますよね。万が一自分が合ってしまった時のことを考えたらできれば相場より高い金額を、できなくても相場くらいはもらっておきたいと思うと思います。

こちらの相場は弁護士基準を使用するのか、それとも自賠責保険で計算をするのかによって大きく変わってきます。自賠責というのは自分自身で請求をかける時に使用される基準になるのですが、入院&治療費で1日4200円払われることになっています。また治療日数については2つの計算方法があり、①入院日数+通院期間の合計と②入院日数+実通院日数×2です。

交通事故慰謝料には診断書が必要

保険会社などに交通事故慰謝料を請求する際には医師から発行された診断書が必ず必要になってきます。特にむちうちなどについてはパッと見では怪我の程度がわかりにくいため、この診断書の内容がどのようになっているのかによって全く金額が異なってきます。

今後の治療費用などにも大きく影響してきますので、できればこの診断書の作成に取り掛かる際には弁護士さんなどを読んで、一緒に作成してもらうことをお勧めします。万が一後遺障害が残ってしまった場合にもこちらの診断書をずっと使用して様々な請求などをかけていくことになります。

弁護士基準での交通事故慰謝料について

交通事故が起きた場合、交通事故慰謝料の支払いや受け取りが発生します。慰謝料額には自賠責保険や任意保険、弁護士基準と言われるものがあり、どの基準を適用するかによって支払い額が変わります。

自賠責保険は自動車購入等のときには確実に入る必要がありますが、任意保険については各々の判断での加入となります。任意保険に入っていない状態で事故を起こしてしまったり、相手が加入していない状態で事故にあってしまうと、多額の慰謝料の請求が一個人に発生します。

適切な金額の設定がわからなかったり、当事者間で揉めて示談が進まなかったりする場合には、法律の専門家である弁護士を通じて交渉をしましょう。

メニュー

TOP 交通事故慰謝料 交通事故慰謝料を決定するための3つの基準 交通事故相談 解決事例を見て交通事故相談 交通事故弁護士 交通事故弁護士利用のために弁護士特約付きの保険 弁護士、法律事務所 弁護士に気軽にコンタクトが取れるメール相談

ページトップへ戻る