交通事故での慰謝料の悩み相談

交通事故に詳しい弁護士があなたのサポートをしてくれます。慰謝料や示談金の交渉などについても相談してみましょう。

交通事故の慰謝料について異議申し立て

もし交通事故で怪我をしてしまって、後遺症の認定がされたけれど、自分が思っていたよりも慰謝料の金額がかなり少ないと感じている場合には、異議申し立てを行う事もできる様です。

医療の観点から考慮し、見直すことで、自分の症状に対して適切な慰謝料に増額される事もある様です。最初に言い渡されていた金額が変更となれば嬉しいですね。

しかし、それには交通事故に関する法律について詳しいだけでなく、医療に関する事も知っている弁護士の方がより好ましいでしょう。

詳細について説明を聞いた時に、これはおかしいのではないかと思う納得できないことが出てきた場合には、異議申し立てをする事も検討してみてはどうでしょうか。

ページトップへ戻る