交通事故での慰謝料の悩み相談

交通事故に詳しい弁護士があなたのサポートをしてくれます。慰謝料や示談金の交渉などについても相談してみましょう。

TOP > 交通事故慰謝料の異議申し立て

交通事故の慰謝料について異議申し立て

もし交通事故で怪我をしてしまって、後遺症の認定がされたけれど、自分が思っていたよりも慰謝料の金額がかなり少ないと感じている場合には、異議申し立てを行う事もできる様です。

医療の観点から考慮し、見直すことで、自分の症状に対して適切な慰謝料に増額される事もある様です。最初に言い渡されていた金額が変更となれば嬉しいですね。

しかし、それには交通事故に関する法律について詳しいだけでなく、医療に関する事も知っている弁護士の方がより好ましいでしょう。

詳細について説明を聞いた時に、これはおかしいのではないかと思う納得できないことが出てきた場合には、異議申し立てをする事も検討してみてはどうでしょうか。

むちうち認定によって交通事故慰謝料は変わります

交通事故に巻き込まれることにより、むちうち症状が発生し苦しんでいる方は多いです。この症状は首に強い衝撃が加えられることで、背中や首に痛みやしびれが出て、普通の生活が満足に送れない症状です。ひどい痛みがある場合には、入院をしないといけないような症状です。

むちうちの認定度によって、交通事故慰謝料の金額が大きく変わりますが、多くの人が適正な認定をもらえていません。それは、自分の口で説明するのがとても難しい症状だからです。慰謝料の額に納得がいかない場合や治療を受けられない程の少額の場合には、弁護士を利用し交通事故慰謝料を引き上げるようにしてください。

弁護士によって交通事故慰謝料は変わります

交通事故の被害にあい、むちうち症状に困っている方が多く居ます。この症状は、交通事故の衝撃によって、首が大きく曲がってしまい、背中などにもしびれなどが出てくる症状です。

痛みがひどい場合、私生活に影響を及ぼす可能性もありますので、入院をする必要がある場合もあります。交通事故慰謝料の金額はむちうちの症状によって大きく変わるのですが、多くの人が適正な金額をもらうことが出来ていないのが現状です。それは口頭で説明することが難しい場合が多いからです。交通事故慰謝料にどうしても納得できない場合は、弁護士に話しを聞いてもらうことで、相場を引き上げられます。

交通事故慰謝料は弁護士を利用すれば簡単に上げられます

交通事故に遭ってしまった時に、衝撃の強さからむちうち症状が出てしまい、困惑している人がとても多いと思います。この症状は、衝撃で神経などを圧迫することによってし、首や背中などにしびれなど発祥する症状です。私生活に影響が出てしまう程の強いしびれなどを起こす場合もあり、入院をしないといけない場合もあります。

むちうちの症状によって交通事故慰謝料の金額が大きくかわりますが、多くの人が適正な慰謝料をもらうことが出来ていません。口で説明するのが難しい症状なので、きちんと評価を得ることが出来ないからです。そのような場合に、弁護士を利用し交渉してもらうことで、交通事故慰謝料を引き上げる事が出来ます。

請求可能な交通事故慰謝料は3種類

交通事故に遭って怪我をしてしまうと、入院費がかかったり会社を休まなければならなかったりと、その後の生活にも大きく影響します。交通事故の被害者であった場合、請求できるのが交通事故慰謝料です。請求理由としては以下の3種類があります。

まず、通院や入院にかかった費用を請求できる入通院慰謝料です。2つ目は、交通事故が原因で後遺症が残った場合、認定された等級によって金額が決まる後遺障害慰謝料です。

3つ目は、事故によって亡くなった人の遺族が請求できる死亡慰謝料です。弁護士基準を適用すると、納得のいく交通事故慰謝料を受け取れる可能性が高まりますので、弁護士などの専門家に相談するのがおすすめです。

交通事故慰謝料の賢い請求方法

交通事故慰謝料を大幅に増やすためには交通事故に強い法律のプロの弁護士、法律事務所への相談が不可欠です。口コミなどの情報を元にインターネットで検索すれば必ずヒットします。また、任意保険に弁護士特約が付いていれば費用の心配もいりません。

ただし、この慰謝料請求額を一番大きく左右する要因は後遺障害があるかどうかということです。後遺障害には事例により等級があり、むち打ち、ヘルニアやその他神経系により高い等級の後遺障害が認められるように話を進められれば、百万単位でトータル的な慰謝料額を増やすこともできる可能性があります。

交通事故慰謝料の相場はいくらくらい?

交通事故に遭ってしまった際に、身体を直さなければならなかったり破損した車やものを直さなければならないと思います。そのような時に交通事故慰謝料はどのぐらい出るかの相場は知っておきたいですよね?今回はその相場をある事例をもとに紹介していきたいと思います。

交通事故の種類もいろいろありますので今回は自賠責の保険についてお話ししていきたいと思いますが、基本的には自賠責の保険は通院日数× 4,200円が支払われることになっています。その金額に交通費などが加算されて交通事故の治療が終了とともにまとめて自分の口座に支払われることになっています。事例によって適用される保険が変わりますので慰謝料は若干変化します。

交通事故慰謝料事例の適切な請求方法

交通事故慰謝料の事例では実際に被害事故に合った場合に、納得は出来ないまでも上手く解決する方法として、弁護士さん、法律事務所に依頼するという方法があります。経験された方が回りにおられれば良いのですが、なかなかそうもいかない事でしょう。

弁護士さんに依頼すると費用がかかるという心配があるかと思いますが、実際には成功報酬が発生しないと費用がかからないというケースもあります。任意自動車保険には弁護士費用特約というのもついている事があり、被害事故にでは保険を使って弁護士費用が出るというケースもあります。ケガの治療費に加え慰謝料も弁護士さんというプロに任せると面倒な手続きも代行してもらえます。

交通事故の慰謝料関連

メニュー

TOP 交通事故慰謝料 交通事故慰謝料を決定するための3つの基準 交通事故相談 解決事例を見て交通事故相談 交通事故弁護士 交通事故弁護士利用のために弁護士特約付きの保険 弁護士、法律事務所 弁護士に気軽にコンタクトが取れるメール相談

ページトップへ戻る