交通事故での慰謝料の悩み相談

交通事故に詳しい弁護士があなたのサポートをしてくれます。慰謝料や示談金の交渉などについても相談してみましょう。

弁護士に相談したい交通事故の慰謝料の基準

交通事故は突然起こり、生活を圧迫するということも考えられます。
怪我をして入院することになったり、相手との慰謝料についてトラブルになってしまったり、交通事故における悩みや不安は一気に増えてしまいます。

あらかじめ、交通事故での示談や慰謝料問題について知っておくことで、慌てて対応して賠償金や後遺症の慰謝料請求などで損をしてしまわないようにしたいですね。

様々な交通事故のケースがあるので、気になる交通事故慰謝料の相場基準はいくらなのかわからないことが多いと思います。保険会社から提示された交通事故示談金・慰謝料金額が適正な金額なのか、安すぎるのか自分では判断できない場合もあります。そんな時には、弁護士に相談し基準となる費用を教えてもらいたいですね。

他にも示談交渉に自信がないという人や、自分の主張を聞き入れてほしいという場合などには、弁護士に相談してみましょう。

保険会社と交渉するには、法のプロフェッショナルである弁護士に交渉依頼をすることで、精神的な負担も少なく安心して話を進めていくことができそうですね。

交通事故は弁護士相談 ~一人で悩まず早期解決を目指そう

失敗しない交渉術。交通事故の慰謝料は弁護士に相談しよう

交通事故弁護士について

交通事故問題を自宅で弁護士相談自分の正しい主張が認められない時は、慰謝料の相談を交通事故弁護士
加害者対応をする弁護士交通事故弁護士の中でもさらに障害者等級が得意な弁護士
交通事故弁護士利用のために弁護士特約付きの保険駅近に事務所がある交通事故弁護士

交通事故慰謝料について

交通事故慰謝料の異議申し立て交通事故における精神障害と慰謝料
相談を検討したい交通事故慰謝料交通事故慰謝料を決定するための3つの基準
保険会社を相手に交通事故慰謝料または損害賠償いつ交通事故で慰謝料相談を弁護士にすれば解決できる

交通事故相談について

交通事故の相談料近所の弁護士に交通事故の相談を持ち掛ける
解決事例を見て交通事故相談緊迫している交通事故相談

弁護士について

弁護士事務所、法律事務所の休み弁護士は夜間休日でも相談可能
弁護士に気軽にコンタクトが取れるメール相談弁護士、法律事務所によって異なる対応もある案件

交通事故弁護士は後遺障害等級認定もサポート

交通事故の怪我が元で日常生活に困難が生じる後遺症が残ってしまい障害と認定された場合には、入通院の慰謝料とは別に後遺障害の分の慰謝料も相手方に請求することができます。また障害が残ったことで将来の所得が受け取れなくなった分に対しての逸失利益も賠償請求できます。

後遺障害の慰謝料や逸失利益は、障害として認定された等級により大きく変わります。交通事故弁護士は、法律だけではなく医療や保険の知識も豊富に持ちは、法律だけではなく医療や保険の知識も豊富に持ち障害の認定等級についても被害者が損をしないように親身にサポートしてくれます。認定後の等級についても、不服申し立てや再申請で被害者が最大限に賠償金を受け取れるように尽力してくれます。

交通事故慰謝料の後遺障害分は障害の認定等級で決まる

交通事故慰謝料には、入院・通院分の傷害慰謝料と後遺障害が残ってしまった場合に請求できる障害慰謝料があります。後遺障害には等級という制度があって、障害の慰謝料はこの等級によって決定されます。よって、障害分の慰謝料を請求するにあたっては障害の等級認定申請が必要です。

障害の等級認定は自賠責の審査会に対して申請し、その方法は加害者の保険会社に全て任せる事前認定と被害者自身で手続きをする被害者請求とふた通りあります。 障害の等級は障害分交通事故慰謝料の金額を左右しますから、交通事故弁護士に相談の上で被害者請求で申請手続きをするのが内容もクリアとなり安心です。

弁護士に交通事故慰謝料が適正か確認してもらいましょう

交通事故に遭った場合に普通の生活を送る事が出来ない程の怪我を負ってしまったら、加害者側に交通事故慰謝料を請求することが可能です。慰謝料を請求する場合には、相手側が加入している保険会社が、事故直後からすぐに示談交渉を行ってきます。

示談交渉を専門に仕事をしている交渉担当員で、すぐに示談成立をするように求めてきます。しかし指示通りに示談書にサインをしてしまうと、保証を受けることが出来ない場合もありますので、提示されている金額適正か調べるために、弁護士に相談をしてからサインするようにしてください。提示金額が不適正な場合には、弁護士基準で再計算し保険会社と直接交渉をしてくれます。

交通事故慰謝料の基準金額について

交通事故慰謝料には、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準の三種類があります。慰謝料をもらうためには、入院や通院、後遺障害等級の認定などの条件が必要になります。自賠責保険は、基準金額が最も安く設定されています。

例えば、入院や通院が必要になった際にもらうことができる入通院慰謝料では、1日あたり4200円と規定されています。しかし、これが過去の事例を参考に算出する弁護士基準だと、倍以上の金額になることもあり、より多くの慰謝料を獲得することができます。入通院慰謝料に限らず、後遺障害が残った場合や死亡した場合の慰謝料も、自賠責保険よりも大幅に金額が上がります。

損害賠償を請求する時の交通事故弁護士の選び方

損害賠償を請求しようと思った時には、交通事故弁護士に依頼するのが一番確実で、かつ安心で、スムーズです。できれば事故直後に依頼するのが一番安心なのですが、だからといって焦って契約してはいけません。今では沢山の法律事務所があり、中には悪徳法律事務所と呼ばれるような所もあります。

あまり価格などを確認しないで契約をすると、ああとから法外な依頼料が請求されてしまう可能性があります。そういったことを防ぐためにも、もし周りに以前依頼したことがある人がいるのでしたらそういった人に交通事故弁護士を紹介してもらうのが一番安心です。

示談交渉を交通事故弁護士に任せましょう

事件性がない交通事故の場合には、警察は不介入ですので被害者側と加害者側で直接示談交渉を行います。被害者側は事故直後から愛車の修理をしたり通院をしたりと忙しいので、交渉について考慮することが難しいですが、加害者側は本人ではなく、保険会社の交渉専門スタッフが交渉を行いますので、難しい言葉を並べてすぐに示談成立を促してきます。

そのまま示談をしてしまうときちんとした保証も受けられないような金額の慰謝料で示談成立をさせられてしまう可能性もありますので、交通事故弁護士に相談を行い、慰謝料が適正なのかどうかチェックをしてもらい、示談交渉をしてもらうようにしてください。

後遺障害が残った際の交通事故相談

交通事故の被害によって後遺障害を負ってしまった場合など、重大な問題に対する対処方法が分からないといったケースは多く存在しています。交通事故相談が業務内容として取り扱われている機関も多く、地方自治体による関連センターの他、弁護士などの専門家も挙げられます。

法律に基づいた情報やアドバイスが取り入れられる他、的確な対処が求められる手続き内容や判断基準に対しても対応できるようになります。個人的に対処することが難しい問題について、気軽に交通事故相談できるようなシステムが整えられており、メールや電話でも受け付けてもらえることがあります。

家族が交通事故にあってしまった時の交通事故相談について

家族が交通事故にあってしまった時には自分はなにができるのでしょうか?交通事故において最悪なのは死亡事故になってしまうことなのですが、この場合には家族の人が加害者に対して慰謝料を請求することができます。

当然本人が保険に入っていれば保険会社からもおりることになります。過去の事例を見てみると、若い人が亡くなってしまった時ほど慰謝料は高くなるようですし、社会人の人であれば今後働いていれば得ることができたはずのお金を請求することができます。通常は本人が交通事故相談や手続きをしなければならないのですが、この場合は家族がするしかありません。

交通事故相談をすると費用は?

交通事故相談をしたいけれど各所に支払わなければならない費用が怖いという人も多いと思います。一体どれくらい費用がかかるのでしょうか?特に治療費用などを今は自分で負担している人は仮に慰謝料が戻ってくることになっても厳しいですよね。

過去の事例から考えるとかかってくる費用の内訳としては弁護士に依頼するのであれば依頼費用、診断書が必要なのであれば診断書作成費用といった所でしょうか?高くなってしまうのは弁護士費用ですが、どれくらいの額を請求するのかによって依頼費用は大きく変わってきますので事前に見積もりをもらってみるといいかもしれません。

法律問題を解決に導く頼れる弁護士の探し方

法律問題に困った時に、どうやって弁護士を探したら良いのか分からない人も多いと思います。探し方としては、信頼できる人から紹介してもらうことが一番です。しかし、繋がる伝手がない時には、弁護士会や地方自治体に問い合わせる方法もあります。

また、インターネットを利用して法律事務所を探す方法もあります。この場合、公式ホームページだけでなく、口コミもチェックしておくのがポイントです。さらに、法テラスという、法律問題を抱えた人が気軽に利用できる公的サービスも用意されています。このように様々な方法がありますので、信頼のおける法律事務所、弁護士事務所を探して問題を解決しましょう。

お近くの弁護士、法律事務所を探すのであれば、市川にお住まいなら、「弁護士 市川」、津田沼にお住まいなら「弁護士 津田沼」と検索してみましょう。

弁護士の基本的な業務について

多くは法律事務所に所属していますが、中には企業に雇われている顧問弁護士もいます。企業のコンプライアンスの確認や、海外企業と契約書を交わす際に双方の法律に抵触していないかチェックしたり、訴訟を起こされたときに弁護したりします。

法律事務所では個人の依頼も受け付けています。離婚や相続など家族に関する家事事件や、損害賠償請求、セクハラの慰謝料請求、盗難や殺人といった刑事事件の裁判において代理人として出席するなど、広い範囲の相談を受け付けています。得意な分野はそれぞれ異なるため、依頼する際はよく確認した方が良いでしょう。

弁護士として働く就職先

弁護士として働くことを考えた時、多くの人は法律事務所で依頼を受けるところをイメージすると思います。法律事務所には、大手の企業や個人など様々な人を対象にしているところがあります。また、規模も大きいところから小さいところまであります。

さらに、大人数のところもあれば個人で経営しているところまで様々です。他の就職先として多いのが、企業内弁護士です。会社の法務部などに所属し、会社員として日常的に発生する法律問題についてアドバイスをしたり、相談を受けたりします。他にも大学の教授や講師として働くなど、多種多様な働き方があるのです。

大阪高等裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka-h/

〒530-8521
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

メニュー

TOP 交通事故慰謝料 交通事故慰謝料を決定するための3つの基準 交通事故相談 解決事例を見て交通事故相談 交通事故弁護士 交通事故弁護士利用のために弁護士特約付きの保険 弁護士、法律事務所 弁護士に気軽にコンタクトが取れるメール相談

ページトップへ戻る