交通事故での慰謝料の悩み相談

交通事故に詳しい弁護士があなたのサポートをしてくれます。慰謝料や示談金の交渉などについても相談してみましょう。

TOP > 交通事故慰謝料 > 交通事故が起きたら慰謝料の相談を検討

交通事故が起きたら慰謝料の相談を検討

交通事故による怪我のために長い間入院したり、通院したりしていると、その治療費がかなりかさんでしまうでしょう。その費用については交通事故の被害者が支払うのではなく、加害者に支払ってもらう事もできます。

しかし、支払ってもらう交通事故慰謝料の金額などについて、被害者は加害者側の保険会社と話をする事になります。保険会社というのは慰謝料交渉のプロでもあると言えるでしょう。

時には自分の主張を認めてくれない事もあるかもしれません。
やはり交通事故において直接自分が対応するのではなく、プロである弁護士に相談して仲介してもらうべきかよく検討したいですね。

もし利用するなら、慰謝料の相談は早いタイミングで行った方が良いと言えるでしょう。

交通事故慰謝料請求にはどれくらい費用がかかるの?

むちうちなどの交通事故慰謝料請求をした場合には一体いくらくらい費用がかかってくるようなものなのでしょうか?あまりに高いようですと依頼する気がなくなってしまいますよね。

まず弁護士に依頼することの方が多いと思うのでそうが、請求金額と、実際に支払われた慰謝料対して何パーセントといった形で請求されることになります。多くの所では15パーセントから20パーセントと言われているのですが、そこは法律事務所によって大きく変わってきますので事前に見積もりを出してもらうようにしましょう。また一括ではなく分割での支払いも可能です。

交通事故慰謝料請求の準備はいつから?

むちうちは交通事故で負ってしまった怪我の中でも後遺障害になりやすい怪我ですし、見た目で治ったのか治ってないのかわかりにくいため、交通事故慰謝料の際でも問題になりやすいです。まず後遺障害が残ってしまいそうだな、最終的には申請をしなければならなくなりそうだという人は早めに手を打っておきましょう。

弁護士さんに前もって依頼しておけば前もって必要書類を準備してくれますし、どの等級で申請したいのかによって事前に準備する書類が変わってくるのですがその辺も全て対応してくれます。少し費用は上がりますが、他でいろいろかかるよりは結局の所安いと思われます。

交通事故慰謝料は弁護士に依頼するべき?

交通事故慰謝料を請求しようとした時にはやはり弁護士などに依頼した方がいいのでしょうか?むちうちなどですと後遺障害が残ったりして、さらに保険金などについて複雑になっていきます。

そういった場合には自分で保険会社と交渉をするという手もありますがやはりプロにお任せしてしまった方が早めの解決につながりますし、なんといっても慰謝料の金額が実は自分で請求する場合と全く異なってくることがあるのです。

どれくらいの差があるのかといいますと、差額が大きかった人ですと10倍くらいになってしまった人もいるようです。10倍は依頼費用を差し引いたとしても、大きな額です。

他人事ではない交通事故慰謝料

いつでも誰でも起こり得るのが、交通事故です。もし、交通事故を起こしてしまった時、自分が被害者になってしまった時、どのくらいの慰謝料が発生するのでしょうか。交通事故慰謝料には、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の三種類があります。

それぞれに計算基準があり、どの基準を採用するかにより請求できる慰謝料の金額が変わるそうです。インターネット検索すると、相場を弁護士基準で算出できるサイトも存在し、シミュレーションが出来るようになっています。いざと言う時のために、加害者でも被害者でもしっかりと調べておきたいのが交通事故慰謝料です。

千葉地方裁判所・千葉家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/chiba/

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-11-27

JR総武線・内房線・外房線千葉駅から徒歩15分
津田沼駅から2駅で千葉駅
船橋駅から3駅で千葉駅
市川駅から4駅で千葉駅
京成千葉線千葉中央駅から徒歩8分

交通事故の慰謝料関連

メニュー

TOP 交通事故慰謝料 交通事故慰謝料を決定するための3つの基準 交通事故相談 解決事例を見て交通事故相談 交通事故弁護士 交通事故弁護士利用のために弁護士特約付きの保険 弁護士、法律事務所 弁護士に気軽にコンタクトが取れるメール相談

ページトップへ戻る