交通事故での慰謝料の悩み相談

交通事故に詳しい弁護士があなたのサポートをしてくれます。慰謝料や示談金の交渉などについても相談してみましょう。

TOP > 交通事故慰謝料 > 交通事故弁護士 > 解決事例を見て交通事故相談 > 交通事故相談

目次

  1. 交通事故の相談料
  2. 交通事故相談は保険会社とよく相談しよう
  3. 交通事故発生時の交通事故相談窓口
  4. 素人の交通事故相談について
  5. 交通事故相談の示談交渉してくれる弁護士会
  6. 身近なところで起こる交通事故相談
  7. 高齢者の交通事故相談
  8. 実績が多い交通事故弁護士
  9. 無理なく支払える交通事故の慰謝料の交通事故の相談費用
  10. 予約を急ぎたい法律事務所の交通事故弁護士による相談
  11. 自分が、家族が交通事故に遭ったら、いつまでに弁護士に相談したらいい?

交通事故の相談料

法律家に何とかしてほしい事があったとしても、交通事故の相談料が気になってしまい実行できないでいる人もいるかと思います。交通事故の相談料は利用する人によって負担にならない様に考えられている事もあります。

たとえば、交通事故の相談料は完全後払いとしていたり、着手金や相談料などは必要なく交通事故の成功報酬のみを支払うというシンプルな支払いシステムになっている事もあります。

交通事故の相談料が一体いくらかかるのかという事を計算してみるといいかもしれませんね。そうすると、次にどうするかという事を考えやすくなると思います。無理なく、報酬の支払いを行う事ができるのは助かりますね。

大阪で弁護士事務所を探すなら「弁護士 大阪」で検索。

交通事故相談は保険会社とよく相談しよう

交通事故相談については、保険会社とよく話し合いをしてアドバイスを受けると良いでしょう。相手に怪我やむち打ちがある時には、保険会社と話すことで相手の人身事故扱いにするか、物損事故扱いになるかは大きく変わってきます。

軽い事故であってもむち打ちの症状は数日後に現れることもありますので、すぐに判断を下すのではなく、病院の診断結果をしっかり止まってから保険会社と相談するようにしましょう。保険会社以外にも、市役所などが受け付けている無料相談窓口などもあるので、弁護士に話を聞いてもらうことも大切になってきます。

交通事故の相談関連

交通事故発生時の交通事故相談窓口

日頃から出かけるときに車やバイクを運転するかしないかに関わらず交通事故に遭って、交通事故の被害者や加害者になってしまう可能性を往々にして秘めています。直面した時に警察への通報や救急車の要請など最低限の人命救助をなんとか済ませられたとして、事後処理をどうせればいいのか戸惑う方は多いことでしょう。

相手側とのやりとりで、「示談でもいいよ」と打診されることもあるかもしれませんが、示談にしてしまうと保険金が降りないなど不利益を被る危険もあります。交通事故後は、まず市町村の交通事故相談窓口や、交通事故相談を専門とした交通事故弁護士事務所に相談することをおすすめします。

素人の交通事故相談について

保険に加入しているのであれば、チェックしておきたいのが弁護士特約についてです。加入者やその家族が事故に遭った際に、弁護士への依頼料を負担してもらえる制度です。トラブルが起きた際の頼れる存在ですが、費用面が不安で相談するのを躊躇ってしまうという人も少なくないのではないでしょうか。

そんなときにこの制度を利用すれば、安心して交通事故相談をすることができるのです。また、過失度合いや怪我の症状に応じて交通事故慰謝料を請求することができますが、弁護士基準での計算は、自賠責保険や任意保険よりも高くなるケースが多いです。加入している保険を見直してみてはいかがでしょうか。

メニュー

HOME    交通事故慰謝料   交通事故慰謝料を決定するための3つの基準    交通事故相談   解決事例を見て交通事故相談    交通事故弁護士   交通事故弁護士利用のために弁護士特約付きの保険    弁護士、法律事務所   弁護士に気軽にコンタクトが取れるメール相談

交通事故相談の示談交渉してくれる弁護士会

日常生活で起きる交通事故は、軽傷で済む場合もあれば、時として命を奪われる大事故であることも考えられます。不意の事故では加害者にも被害者にもなりうることなので、日頃からの心がけや備えが必要になります。

しかし、専門知識を持たない一般市民は、どうしても対応には限界があります。そこで、弁護士会は加害者と被害者およびその家族の皆さんの代理人となって、保険会社の示談交渉を最善の策も持って、お互いに裁判で争うことがないよう、時間をかけて真摯に話し合いを進めてくれます。

双方を和解へ導くために、力を尽くしてくれる存在です。

身近なところで起こる交通事故相談

身近な交通事故でも特に人身事故の場合は車の過失がほぼ100パーセントと言われていましたが、ドライブレコーダーを設置する事で、事故の証拠の立証ができることになったことから弁護士会でもあなたや事故を起こしてしまった方々を守れるケースが増えてきました。

現代ではバックモニターやドライブレコーダーでの映像が何よりの証拠となるので、様々な状況下での立証ができるようになりました。

特に横断歩道での歩きスマホは交通ルールを違反してしますので、立証できる可能性も非常に高くなってきているでしょう。

これから先車を使用する際は必ずドライブレコーダーを装着しましょう。ただ交通事故を起こさないことが一番でしょう。

高齢者の交通事故相談

交通事故と聞くと、色々考えられます。弁護士会の人でもわからないときがあり、こちらも防ごうと思っても、交通事故はこちらの注意力が散漫になるとぜったいに起こります。

今1番多いのがスマートフォンのながら運転で、それによる事故があとをたちません。ながら運転とくに多いのが、20代によるものです。

なぜなら止まってスマートフォン操作せず、クラクションならしてもどかないとかたち悪いのが増え、目の見えない人のための点字タイルの上に歩くことによる事故も多くなっています。みなさんの心がけが事故を未然に防げます。気を付けましょう

弁護士法人みお綜合法律事務所の交通事故の相談のお申し込むフォームの紹介。交通事故解決ドットコム(jikokaiketsu.com)

https://www.jikokaiketsu.com/soudan/

実績が多い交通事故弁護士

いざ困った事があり、交通事故弁護士に相談しないといけないという時には、実績を参考にする人もいます。自分で交通事故弁護士を探す際には、何を基準に選べばいいか分からない事も多いと思いますが、実績が豊富にあれば安心して相談できるという人もいます。

交通事故弁護士に相談する際には、あまり時間的な余裕がなかったりする事もあります。交通事故弁護士の実績を見ると、比較しやすく、実績数が多い人であれば、実力があるのではないかと期待できます。

交通事故弁護士を探す際には、法律事務所のホームページから実績に注目している人もいます。他にもサービスの内容について詳しく確認した上で相談しましょう。

無理なく支払える交通事故の慰謝料の交通事故の相談費用

お金がないという人も、交通事故の慰謝料の交通事故の相談費用を無理なく支払える場合もあります。交通事故の慰謝料の交通事故の相談費用の問題を最初からクリアできないと思い込んでしまっている人もいる様です。

交通事故の慰謝料の交通事故の相談費用については、受け取る費用からすでに交通事故の慰謝料の交通事故の相談費用を引かれた状態で受け取る事ができます。

そのため、交通事故の慰謝料の交通事故の相談費用については、財布からお金を出して支払う必要がない場合もあります。これなら安心して相談する事ができます。

相談する予定であれば、なるべく時間を置かないで早めの対応をおすすめします。

予約を急ぎたい法律事務所の交通事故弁護士による相談

問題が発生して法律事務所の交通事故弁護士による相談を受けたいという時でも、面談の相談には予約が必要である事を忘れてはいけないでしょう。法律事務所の交通事故弁護士による相談を早く受けたいなら、予約を急ぎましょう。

法律事務所の交通事故弁護士による相談を早く受ける事ができれば、一日でも早く対応してもらえます。法律事務所の交通事故弁護士による相談が遅れると、法律家の対応が遅れる事になります。

法律事務所の交通事故弁護士による相談を受けるまでは不安な時間を過ごさないといけない事もあります。ですので、面談の相談を希望している人は、後回しにしたりせずに、予約を急ぐ様にしましょう。

自分が、家族が交通事故に遭ったら、いつまでに弁護士に相談したらいい?

交通事故の相談は思いついたらすぐに。交通事故解決ドットコムから相談できます。

大阪高等裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka-h/

〒530-8521
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

ページトップへ戻る